かき 小いわし 皮はぎ 瀬戸内の魚がおいしい 広島 居酒屋 安さん幟町店 宴会にもどうぞ
ヘッダー
旬の味を、その時季にいただく。それが健康の源かもしれません。新鮮な旬の味。手造りの味を心ゆくまで、ご賞味ください。
ワタリガニの塩ゆで■ワタリガニの塩ゆで
水温が下がり身の詰まる晩秋から春が旬で、この時期のワタリガニは濃厚な味に甘みがプラスして大変美味しい。みそ汁などで食べてもダシがでて美味しいのですが、大きめのものは、ぜひ塩茹でどうぞ!
カキフライ■広島カキのフライ
潮の流れ、川から運び込まれる植物プランクトンの豊富さなど、恵まれた環境のなかで育つ広島のかきは、大粒で美味しいと評判をいただいています。海のミルクといわれるかきですが、血圧の上昇を抑制するタウリンも豊富に含んでおります。広島ならではの新鮮なかきをぜひご賞味ください。
ノドグロ■ノドグロの煮付け
お隣の島根県の浜田市から送られてくるノドグロは全国区。その白身は絶品で脂のノリは大トロ並みと言われています。おもに一夜干物、塩焼き、煮つけで食べます。のどぐろの煮つけの煮汁は、しみ出したノドグロの旨味がタップリで冷やして煮こごりで食べるとこれがまた絶品の味です。
小フグの一夜干し■小ふぐの一夜干し
シロサバフグの一夜干し、このふぐは鶏のムネ肉を思わせる締まった身で、唐揚げも美味しいですが、一夜干しならではのプリッとした食感と、ふぐ本来の旨味をご賞味ください。
セコガニ■せこがに
隣県の境港から期間限定のプレゼントです。松葉ガニのメスをせこがにと呼びます。オスの松葉ガニと違いあまり大きくなりません。資源保護の為に毎年11月6日~1月10日までと非常に短く決められています。内子と呼ばれる赤い子の味は絶品!お腹の外の外子もプチプチとした食感で絶品です。
銀杏■銀杏
塩で炒った銀杏は、もちもちとした食感と、ちょっとした苦みがあっておいしい。ひすい色のおいしさ!といったところですか!?銀杏は糖質、ビタミンB1、カリウム、カロチンなどの栄養が多く疲労回復、老化防止にも効果があるそうです。積極的に食べたい食材ですね。
サバ刺し■サバの刺身
秋から冬にかけてとれるサバは脂がのり、味が絶妙。鮮度の良いものを、お刺身やしめ鯖で。魚好きにとっては、秋は待ち遠しい季節です。頭の働きを良くするDHAもたっぷり含んでおり、 美容と健康にもいいと注目されています。この優れもののさばを、ぜひ味わっていただきたいと思います。
むかご■ムカゴの素揚げ
長芋や自然薯ツルの葉のつけ根にできるムカゴ。素揚げして熱いうちに塩をまぶしていただきます。皮は香ばしく中はほのかな甘みがあって、ホックリ!
う~ん!なつかしい味です。
さんま■サンマの塩焼き
秋が深まり脂がのったサンマは丸ごと焼いて大根おろしで食べるのが おすすめです。サンマには、血液の流れを良くするといわれるエイコサペンタエン酸が多く含まれており、脳梗塞などの病気を予防する効果があるといわれています。
メニュー
■安さんの手造り料理1
■安さんの手造り料理2

メニューにない料理
■メニューにない料理1
■メニューにない料理2





観光・イベント情報
■世界遺産の島、宮島
■川と路面電車の街、広島

おすすめサイト集
■広島の旨いもの!おすすめサイト
■観光・イベント!おすすめサイト

お問合せはお気軽に
082-222-5600